東京離婚公正証書作成
トップページ 代表者プロフィール ご依頼者の声 公正証書完成までの期間・流れ 離婚公正証書作成のお申し込みフォーム

 行政書士高橋法務事務所の依頼者への約束(※業務方針) 


 このページでは、

 行政書士高橋法務事務所の、子供達、ご依頼者への約束(業務方針)について、
 ご説明します。

 ・子供達、ご依頼者に対する、3つの心得
  (1)コミュニケーション
  (2)「確実に強制執行のできる」、離婚公正証書の作成
  (3)コンプライアンス(法令遵守)
 ・プライバシーの確保


 子どもの利益が最優先


 離婚に至るまで、家庭内を、
 不安定な状況に陥らせたこと、そして、離婚による環境の変化に、
 子供達は、大きな不安を抱えています。

 そこで、行政書士高橋法務事務所では、

 子供達に、深刻な影響を与えたことに対し、
 真摯に向き合おうとする、ご依頼者に対してのみ、
 
 以下の3点を、心得とし、
 不備がなく、「確実に強制執行ができる」離婚公正証書を作成することで、
 「法律上の、安心感」をご提供しておきます。


(1)コミュニケーション
・面談時は、ご依頼者の話を折ることなく、じっくり聴くこと。 
・メール対応は、当日中、もしくは、翌営業日までに、ご返信すること。 
・離婚公正証書(原案)は、正式依頼日から、3営業日を目安にお届けすること。 


(2)「確実に強制執行のできる」離婚公正証書の作成
・初回相談は、面談を受けていただくことで、ご依頼者の事情を、詳しく把握。
・公証役場へは、必ず、代表高橋が、ご依頼者に同行し、ミスを防止。
・養育費未払い時、直ちに、強制執行申立ができるように、
 公正証書作成と同時に、特別送達・執行文の付与申立を実施。



(3)コンプライアンス(法令遵守)
・行政書士法12条で定められた守秘義務を遵守すること。
・ご依頼者の秘密を守るため、また、本人確認を徹底するため、
 ご依頼者以外の者から問い合わせいただいても一切お答えしていません。
・ご依頼者以外の者に対する交渉はしません。
 (弁護士法違反に発展する可能性があるため、事務連絡であっても、行っていません)
・夫婦間の、離婚協議の場に、立ち会いません。
 (仲裁法、弁護士法違反の可能性があるため、一切行っていません。)


 
 プライバシーの確保


 離婚問題を扱うということは、
 ご依頼者の、プライバシーの確保が極めて、重要です。

 そこで、
 行政書士高橋法務事務所では、ご依頼者のプライバシーを守るために、
 以下の、「5つの鉄則」を、徹底しています。

 1. 行政書士法12条に定める守秘義務の遵守。 
 2. 面談は、必ず、事務所にて、行います。
    ※ カフェ・ホテルのラウンジでのご相談は一切行いません。
    ※ ご依頼者の、ご自宅でのご相談は一切行いません。
 
 3. 人目を気にすることなく、事務所にお越しいただけるように看板を出していません。 
 4. ご依頼者同士が、鉢合わせすることを避けるために、ご相談は事前予約制です。 
 5. ご依頼者ご本人様以外からのお問い合わせには、一切お答えません。 


離婚公正証書作成の、お申込みは、こちらから
面談をスムーズに進めるために フォームからのお申込みを おすすめします

お電話でのお申し込みも可能です >>>お電話の前に必ずこちらをクリックして下さい



 ↑↑離婚公正証書作成.com トップページへ戻る↑↑

行政書士高橋法務事務所
〒181-0013  東京都三鷹市下連雀3-14-30 プロシード三鷹201
中央線JR三鷹駅 南口より徒歩3分・風の散歩道沿い、井の頭公園方面へ



Copyright(c)2003-2015 Takahashi-office All rights reserved.